モイストリフトプリュスセラムの効果が実感できるまでの期間は?

モイストリフトプリュスセラムは使ったその日に効果が実感できるような即効性のある化粧品です。

特にたるみに関しては効果の現れかたが早いようです。しかし、モイストリフトプリュスセラムは肌のターンオーバーする力にも着目して開発された化粧品です。

そこで、今回は即日の効果だけではなく、肌質の基礎的な改善効果が現れるまで、『どれくらいの期間モイストリフトプリュスセラムを使えばいいか』について書いてみました。

 

モイストリフトプリュスセラムはどれくらい使い続ければいい?

結論から言うと、「効果が出るまでの期間は人それぞれ」という答えにたどり着いてしまいました^^;

あえて目安を言うなら、肌がターンオーバーする周期は28日と言われているので、『使用期間1ヶ月』が効果を確認する目安にはなると思います。

しかし、ターンオーバーする周期は年齢や肌の状態、ストレスの大きさなどの影響によって変化します。

若ければターンオーバーする力が大きく、周期も早いため、効果が実感できるまでの期間も短くなります。

反対に40代以降では、ターンオーバーする力が弱くなって周期も長くなっています。そのため、効果を早く実感しやすいのは、20代・30代と若いほど早いです。

モイストリフトプリュスセラムにはDMAEが高濃度で配合されています。DMAEという新成分は、たるみを改善できる成分として今注目を集めています。

 

たるみが気になりだした30代前後の方は、モイストリフトプリュスセラムが効果を発揮しやすい年代です。

たるみやシワはなるべく早いうちからケアすることによって、改善できる可能性が高いので、肌の変化が気になったら、早めに対策を取りましょう

「目元のたるみやほうれい線に気付いたら」または、「目元の質感の変化を感じたら」予防的にモイストリフトプリュスセラムを使ってみてもいいと思います。

「まだ大丈夫」と油断して見て見ぬふりをしていると、肌の変化は急激にやってくるので注意ですね。

 

不意に鏡に映った自分の老け顔にア然!という事態にならないように、お肌は適切な段階での適切なケアが重要です。

効果が現れやすいのは若い世代ですが、だからと言って、40代や、50代の方のたるみ対策には、モイストリフトプリュスセラムがまったく効かないというわけではありません。

特に、まだDMAEという成分を試したことのない方、他のリフトアップ化粧品では効果を感じることがてきなかったという方には、1度試してみてほしい化粧品です。

 

DMAEは筋肉を収縮させる作用があり、たるみ対策に効果的な成分です。皮膚科ですすめられることもある成分で、その効果は期待大です。

DMAEのたるみ改善効果を詳しくはこちら

 

効果を実感するまでの期間の長さは、年齢やシワの深さ・多さなどの肌の状態が影響します。しかし、それだけてはなく、ストレスもターンオーバーを遅らせる大きな要因です。

若くても多くのストレスにさらされている状態では、肌全体の質の変化が現れるまでに比較的長い時間がかかる可能性があります。

加齢の影響により肌の機能が低下しつつある場合は、ストレスが多いと特に効果を感じるまでに時間がかかるかもしれません。

 

このように肌がターンオーバーして入れ替わるまでの期間は人それぞれですが、効果を実感するためには、毎日継続して使い続けることが大切です。

 

モイストリフトプリュスセラムはたるみの改善に即効性があります。私が当日で感じた効果などはこちらに書いていますので参考にしてみてください。

ドクターソワ/モイストリフトプリュスセラムの口コミ@効果を発表

その一方で、肌の健康状態を整えてターンオーバーとともに肌質を改善するという中長期的な効果もあります。

いくらか使ってみても満足のいく効果が見られなければ、他の化粧品に切り替えるといいと思います。

ですが、モイストリフトプリュスセラムには効果の高い成分が配合されているので、ある程度長めの期間、根気よく試してみるのがおすすめです。

 

コメントを残す